ベリーベリーハッピー

好きなものを好きな時に好きなだけ。

1日目。

今年のきんき、1日目のこと。

 

お嬢さんがチケットを当ててくれて、上手側で見ました。

開演は5分押しくらいだったかな??10分いってたかな??

 

オケの方々がスタンバッてるのが開演前から見えていて、おお、フルオケや…。

ドームでフルオケって、音響さん大変そうだなあなどと思いつつ待機。

 

演奏はもうほんとに、本当に素晴らしくって。

どこのオケなのかエンドロールで見逃しちゃったので今日確認しますが、アレンジも素敵だったしメドレーかっこよかったしほんともうこの時点でチケ代実質無料では???っていう気持ちでした。

贅沢に音を浴びました。

 

今のKinKi Kidsで出来る精一杯のエンタメを観せてもらえた。

今回の公演内容には不満を持つ人もいるのかもな…と思うけど、わたしはまず有り難う。そしてお疲れ様、元旦まで見届けます。という気持ち。

 

 

 

 

続きを読む

ひかりあれ。

それを知ってから、毎日毎日胸が痛くて苦しくて、悲しくて、これからどうなるんだろう、どうしていくんだろうって、わたしなんかが考えても仕方ないことをぐるぐるぐるぐる巡らせていて、CDにもDVDにも触れないまま、気を紛らわせるような、何かから逃げるような気持ちで仕事ばかりしています。

 

パーティーには今回ご縁がなくてどちらにも参加できなくて、せっかく当選したディレイビューイングは中止になって、それも悲しくて。

 

とにかくあれもこれも悲しい悔しい辛いってそればかりだったんですけど、参加された皆様のレポートや感想をたくさん読ませて頂いて、それがあまりにも暖かくて、また泣きました。

 

けれど、もうすぐ仕事復帰するつもりだ、という言葉を見て、また不安になっています。

様々な事情があるんでしょうけど、今急ぐことで未来の色が変わってしまうんじゃないかって、どうしても考えてしまいます。

わたしは医療従事者ではないので、ちゃんとしたところは解らないですけど…。

ソロ期間にも光ちゃんストップは発動出来るんでしょうか。

 

貴方を包んでいた色とりどりの音たちが、ひとつも溢れることなく戻ってきてくれること。

後遺症が残らないこと。

何に、誰に祈ればいいのかわからないけれど、ひたすらに願わずにいられません。

 

 

早く逢いたいけど、音を全身で浴びたいけど、そのために無理をしたり、何かを諦めたりして欲しくないよ。

仕方ない、って思って欲しくないの。

どれだけ待たせてくれてもいいから、ちゃんと治してから帰ってきて欲しい。

半年でも一年でももっと先でも、それで快くなるならいくらでも待てる。

 

サマソニも平安も楽しみにしてたけど、出ないって言ってくれた方が今は安心出来ます。

いつか大きなフェスに出て欲しいって思ってたし、恒例の平安も楽しみにしてたけど。。

 

 

どこかに吐き出したいと思って久しぶりに此処にきたけれど、うまくまとめられないし、綺麗に〆られない。

やっぱりまだ頭の中が散らかってるみたいです。

1年経ちました。

 

このブログを立ち上げてから、ろくに更新しないまま一年が経ちました。

 

定期的にくるきんきブーム、おつよブームが収まらなくて、これはいよいよ逃げられないんだと覚悟を決めてFCに入ったのが去年の4月。

仕事で関西にいる時でした。

なんだか少し恥ずかしいような、照れたような気持ちで窓口に払込用紙を出したら、受付のおじ様が自分もジャニーズが好きなんだよと言ってくれて、営業トークだったのかもしれないけど嬉しかった。

 

あれから1年と少し。

 

堂本剛の音楽が好きで、KinKi Kidsというアイドルが好きで、毎日がきらきらの連続でした。

 

今まで行っていたライブとは随分毛色が違う文化に最初は戸惑ったりもしたけれど、今も毎日楽しいです。

 

新曲も、ここではまだ感想など書けていませんが聴けば聴くほどクセになる、吉井さんらしいかっこいい曲だし、

今日は遂に、全国ツアーも発表されて。

アリーナツアーは17年ぶりだそうですね。全国ツアーというもの自体、緊急コン以来…?

 

何公演チケットのご縁があるかわかりませんが、行けるだけ行きたいなあと考えています。

すぐ全通(ジャニーズでは全ステというそうですね)したくなるのはバンギャの血だなあ。

 

今年もお祝いらしいことはなにもできませんが、きっとこれからもKinKi Kidsがすきです。

 

続けてきてくれて有難う。

素敵なお兄さんになってくれて有難う。

すきです。

 

 

KinKi KidsからTU FUNKまで。

 

久しぶりにお目にかかります。

※数ヶ月ちまちま書いては止め書いては止めしてたんですが、きりがないのでもう上げてしまうことにした日記(?)です。

 
 
 
ツイッターにもあんまりいませんが、無事にKinKi Kidsで2015年のライブを納め、忘年会会場でカウコン中継を見ながら年を越し、そのまま昼近くまで呑んで2016年のライブ初めもきんきちゃんでした。
 
東京ドームもちょう楽しかったああああ!!!!
 
今回ありがたいことに4公演とも行くことができましたが、京セラビスタ6階と2階前列下手、東京1階中方バクステ正面、天井席上手と色んな場所で観れてそれぞれすごく面白かったです。
 
大阪では両日下手側だったので柱に遮られてハモデ辺りのセンターの演出がよく見えなかったんですけど、
東京ではバクステ側の日にしっかり見られました。
 
そして、本当にKinKi Kidsは音響と照明に物凄くこだわっていて、お金をかけてるんだなってことが解りました…。
 
まさに金と技術の暴力という感じで。圧倒されました。
 
白いライトで8枚羽根の天使みたいになってたきんきちゃんが忘れられません。
 
さすがに天井席の日はMC中とか音が回っちゃってるのがわかりましたけど、曲中は気にならなかったし、それ以外の席では「え?本当にこれドーム!?ドームの音響!?」ってずっと思ってました。どんなスピーカーをどんな配置にしてるんだろう。。。
技術とお金がかかってる!!!って、本番中幾度となく「プロの仕事」に感嘆してました。素晴らしいところしかなくて。
チケ代の元取れてる…これだけのもの見せてくれたら全然元取れてるよ…ジャニーズチケ代高いなって思っててすいませんでした…。
 
 
2人の衣装も全部かっこよかったしどれも似合ってたし、演出もオープニングから壮大で…荘厳で…。どっかの王家の式典でも始まるのかよって言いたくなる雰囲気で。
(会報のレポにもキンキ王国みたいなことが書いてあって、やっぱりそういう意図の演出だったんだなと納得しました)
 
ライブの内容は雑誌とかでもいっぱい出たし今更ここに書いてもって感じなので省きまして、特に印象深かったところとか、書いておきたいところとか。
 
 
 
東京でもマーチングの演出は同じでしたが、多分東京のブラバンさんは大人の人…でしたかね?
音と空気が大人っぽいなあと思いながら観てました。
個人的には、大阪に出ていた高校生達の、若さと元気さと真っ直ぐさが漲ってる感じが演出にも合ってる気がして、あと単純に好みで、そちらの方が好きでした。
先に観てしまったから、先入観みたいなものもあるのかもしれませんが。
 
わたしは音楽のことも楽器のことも全然解らないのでいつも好き嫌いしか言えないんですけど。
上手い人と下手な人の差はわかるけど、上手い人とめっちゃ上手い人の差はよくわかんねー程度の耳しかない素人です。
 
 
あー、あと残念だったのがあれです!帽子!!
東京では剛の帽子がなかった…めっちゃ似合ってたのに…。パーマかけたからですよねえあれ。
そこだけは本当に本当に残念でした…!!雑誌と会報に載せてほしかったしワイドショーで流してほしかった!!!鬱陶しそうに前髪かきあげるところとか流してほしかった!!!!
大阪の髪型、きっと素の天パに近い状態なんだろうと思うのですがあの前髪を見たら、あたしが最初に好きになった時の剛がちらついて。
同じ髪の違う顔の、でもやっぱり同じ顔の人を見て、改めて好きだなあ、好きでい続けてよかったなあ、キンキ好きでいてよかったなあ、今日コンサートきてよかったな…って、コンサートと全然関係ないことを考えてしまったりもしました。
白い学ランの頃と比べたら、当たり前だけど歳を重ねていて。でも確かに同じ人で、同じ顔で、でも違う顔で。
なんだか不思議で、感慨深いなあと思っていました。
なんで東京ではパーマだったの!!めっちゃ雑にベレー扱ったりしてほしかったのに!笑。
 
 
 
…脱線しましたね。
 
 
本編中で印象が強く残ってるのは、いっぱいあるんですけどやっぱり愛のかたまりの…ハイブリット心中バージョンとでも言いたくなるアレンジでしょうか。
 
あの時の照明、演出、真っ白でキラキラなスーツ、そしてダンス。まるで短編映画を観ているようでした。
 
 
「これで踊るの〜!?って曲もやります」はこの愛かたのことだったんだと思うんですが、観てる最中はそんなことすっかり頭から抜けて、魅入ってしまって。
 
語彙がなくて全然伝えられないんですが、ドラマチックで切なくて儚くて、本当に美しい演出でした。
あの瞬間が作劇だとしたら、あのダンスは人生のラストダンスで、踊り終わった主人公達はそのまま死んでしまうんじゃないか…っていう電波を受信したのはあたしだけかもしれませんが、とにかく盤になるのが楽しみで仕方ないです。
いやでもMアルバージョンで始まったらさ…心中するのかなって思うじゃん…。衣装白だしさ…。
ちょっと強めの電波を受信しているみたいです。キッツイ酒は飲んでないはずなんですが。
 
 
映画といえば、ハモデもすごく素敵でした。
 
着替えの繋ぎにショートムービーを挟んで、船長(車掌?)と旅人の衣装で出てきた2人がもう…本格的に語彙が死ぬくらい素敵で…今回衣装替えの度に思ったのが、着替えてる間の繋ぎが凄く自然で上手だなと。
 
後から思い出さないと、ここで着替えてるんだなってことに気付かないくらい自然で。
さすがだなあ、よく考えられてるなあ、って感心しました。
 
 
お金とプロ達の技術と2人のポテンシャルで織りなす極上のエンターテイメント。
 
それが、初めて生で観たKinKi Kidsコンサートの印象です。
良いタイミングで観れたんだと思います、きっと。
 
もっと早く観に行っておけば良かった、好きになってすぐに追いかければ良かったってこの一年何度も思いましたが、もしあの頃、アイドルアイドルした衣装でオケ流して踊ってるキンキのコンサートに行ってたら、このコンサートに来てたかどうかわからない。
だから今回で良かったんだって思うことにしてるんですけど、でもやっぱりもっと早く、せめて生音になってからすぐに、観に行ってたかったなあ…。
ひたすら長いMCも聞いてみたかったです。
まさかMCにタイマーがかけられているとはびっくりですよ。なんてことしてくれるの…。
冗長なのは良くないっていう判断なのかもしれませんが、ひったすらくだらない話をだらだらし続けるきんきちゃんも見たかったです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長くなってしまいましたが更に続きます。
今回の剛ソロコン、六本木ブルーシアターについて。
 
大変幸運なことに1日だけ当選しまして、なんとか参加できました。
本当はあと2回くらい入りたかったんですけど、1度も入れない方が沢山いる中でチケット探すのもなあ…と思って今回は1度きり。24日の夜に入りました。
 
オープニング映像の宇宙に飛び出す稲荷寿司に笑かされたままTU FUNKに入って、楽しいファンクタイムな2時間半でした。
 
今回の席がちょうどステージと同じくらいの視線の高さだったので、ものすごく近いし、なんだか不思議な感じでした。下手側だったのでコーラス隊がよく見えて、コミカルなダンスできゃっきゃしてるのとか可愛くて仕方なかったです。
 
TUバンドのメンバーは本当に、みんな仲が良いんだなあ、素敵な距離感だなあとライブを観る度に思います。
 
244の音源が好きなので今回も愛getがセトリに入ってて嬉しかったあとに、現場新規のあたしが生で聴くことは一生ないだろうと思ってた闇喰いWindが始まって…!
ライブ定番(だと思われる)曲の中に突然こういうぶっ込みするのきっとお客さんみんな好きだと思うのでもっとやってほしい。そしていつかナイトドライブやって…泣くから…Cowardだったら故意とかもやって…泣くから…
あ、でもNARAの曲もライブで聴きたいし…とにかくライブいっぱいやってほしいな!!!
 
最近Cowardブームが来ていてよく聴いてたタイミングだったので、本当にびっくりしたし、嬉しかったし、楽しかったです。
 
 
 
 
 
 
 
何ヶ月も下書きを溜め続けてる間に音源の発売が決まったりライブ映像も発売が決まったりで、このままだとあげるタイミングがなくなってしまいそうなのですごく中途半端ですが公開してしまおうと思います。
 
あとで、自分の当日のつぶやきとか貼れたら貼ります。どうやるのかな…ぐぐろ…。
 
しっかりしたレポを求めて辿り着いてしまった方がいたら申し訳ないです。
目を通してくださってありがとうございました。
 
追記に当日の呟きを。
 

初めてKinKi Kidsを観ました。

京セラ2日間行ってきました。

 

 

衣装かっこいい、演出かっこいい、演奏かっこいい、全部かっこいい

 

セトリの流れも着替え中のつなぎも完璧で、プロの仕事を見たなと思いました。

 

最高の、20周年へのプロローグでした。

 

きんきちゃん有難う。

 

きんきちゃんでいてくれて、きんきちゃんで在り続けてくれてありがとう。

 

東京にはあの吹奏楽部の子達は出ないそうなので、その辺りの演出がどう変わるのか楽しみでもあり、

あんなに素晴らしいパフォーマンスがもう観られないのか、DVDに収録されないのかっていう残念さもあり。

 

たくさんの人達を従えながら2人だけでステージを支配していたあの空気は、

きっとジュニアがついたら変わってしまうんじゃないかしら、と思ったり。

 

「いつものキンキコン」を生で観たことがないのでわからないですけど。

 

 

落ち着いたら詳しく感想を書きたいな。(って言ってるライブが何本あるのか)

 

 

 

いつだって  いつだって   の歌詞がモニターに出てる時ちょうどセットのKinKi Kidsの文字が歌詞と同じ真っ白だったので「いつだって いつだってKinKi Kids」と読んでしまったわたしです。